tel. 0120-315-480(相談受付 10:00〜20:00(年中無休))

沖縄リゾート挙式専門の無料相談カウンター|ウエディングラウンジ

コラム

Home > コラム > LCCでお得に沖縄へ行こう!!〜from東京〜

LCCでお得に沖縄へ行こう!!〜from東京〜

LCCとは?

 

ローコストキャリア=格安航空会社のこと。設備の簡素化や機内サービスを有料にすることで破格の低運賃を実現している。安い時なら往復で1人1万円以内になることも!関東エリアでは【成田空港】から沖縄那覇便が3キャリア就航。

 

 

 

ジェットスター

断トツのオススメがジェットスター。月に数回開催されるセールでは驚くような価格でチケットが売り出され、通常期もネットでジェットスターより安いチケットを見つけたらさらに10%安くなる「最低価格保証」も実施している。LCCで唯一、那覇空港メインターミナル発着のため時間を有効に使えることも魅力。(他の2キャリアはメインからバス移動必須のLCC専用ターミナル)

詳しくはコチラ:http://www.jetstar.com/jp/ja/home

 

 

 

バニラ

割引運賃の設定数が多く、直前でも予約が取りやすい。コミコミバニラなら20kgまでの受託手荷物が無料。ジェットスターとはセール期間が異なるので、チケット手配の時期のよっては十分選択肢に入る。機内でしか食べられないバニラエア特製「バニラクリームあんぱん」など、有料機内食は3キャリアで最も充実している。

詳しくはコチラ:http://www.vanilla-air.com/jp/

 

 

 

ピーチ

ネーミングとピンクカラーが可愛らしい第3候補。関西発着便では絶大なコストパフォーマンスを発揮するが、成田ー那覇便だと特に優位性はない。※石垣島に行く場合には、成田ー関空ー石垣をピーチで手配するのが最安値でラク。関西便に限り関西弁の機内アナウンスが流れる。

詳しくはコチラ:http://www.flypeach.com/pc/jp

 

 

 

※LCC共通の注意ポイント※

①予約時にはオプションを必ずチェック!

JALやANAでは当たり前のサービスも、LCCでは有料となるケースが多い。特に「預け入れ荷物」「座席指定」「欠航保証」は必要なものを検討して、予約画面をよく確認しながら進めよう。

 

②LCC専用ターミナルは「遠い」!

成田空港と那覇空港では、基本的にLCCは「LCC専用ターミナル」を利用することになる。成田空港の場合、第2ターミナルから徒歩15分または無料シャトルバスで15分かかる。那覇空港の場合は無料シャトルバスのみで、徒歩やタクシーでは行くことができない。バスは約10分間隔で運行し、乗ってから5分で到着する。大手キャリアのような温情措置はなく、時間を過ぎてしまうと本当にゲートを通してもらえなくなるので、早めの行動を心掛けよう。

 

 

 

関連記事:

・関東各地から成田空港への上手な行き方

・LCCでお得に沖縄へ行こう!!〜from名古屋〜

ウエディングラウンジ相談カウンター

tel. 0120-315-480(相談受付 10:00〜20:00(年中無休))

メールでのお問い合わせ

ご来店予約

このページの先頭へ